一般歯科・予防歯科

一般歯科は虫歯や歯周病の治療など、一般的な歯や歯ぐきの治療をさします。一般歯科の治療は保険診療がメインとなります。歯の痛みや欠けた、歯ぐきが腫れたなど、どの科を受診すればいいか迷った時は、まず一般歯科を受診し、歯科医師にご相談ください。
一方予防歯科は、虫歯や歯周病などの予防を専門外来とした科目です。現在虫歯はなくても健康な状態を保つためには予防が重要です。また治療が完了した患者様も予防を徹底することで再治療の可能性を大きく下げることが出来ます。
当院では患者様のお口を守る歯科クリニックとして最も力を入れている科目でもあります。

虫歯

虫歯とは、お口の中の細菌が糖質から作った酸によって歯質が脱灰されて起こる歯の実質欠損の事です。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つです。ごく初期のCO(以下で説明)の場合、治ることがありますが、一般的に他の病気とは異なり、一度かかると自然治癒はしません。
虫歯の原因
お口の中には、たくさんの細菌がいます。その中のミュータンス菌、ラクトバチラス菌が虫歯の原因と言われています。この虫歯菌が食べ物のなかの砂糖を栄養に、歯の表面にネバネバした物をつくります。そのネバネバした物の中に虫歯菌や他のバイ菌が住み着き、どんどん増えていきます。これが歯垢(プラーク)といわれるものです。歯垢中の虫歯菌は食べ物の中の"糖分"を材料にして"酸 "を作り、次第に歯の表面のエナメル質を溶かしはじめます。そして進行し穴となり虫歯となります。
虫歯になる4つの要件
  1. 歯の質
  2. 食べかすなどの糖分
  3. むし歯菌の数
  4. 細菌が増えるために糖分(栄養)を分解してエネルギーを得るのに掛かる一定の時間
虫歯の進行とメカニズム・治療方法
分類 C1 C2 C3 C4
状態
症状 歯の表面であるエナメル質が溶けて穴が開く。痛みは感じない。 象牙質まで穴が開く。冷たいものが染み始める。 虫歯が神経まで達する。激痛がはしる。 神経は死んでしまい根だけが残る。痛みは落ち着く。
治療法 樹脂で穴を塞ぐ。 虫歯の部分を削って金属などを詰める。 神経を取り除き、金属などを被せる。 根の中の洗浄をし、土台を入れ金属などを被せる。必要であれば抜歯をする。
C0:歯を覆っているエナメル質が、虫歯菌に感染し、歯の透明感が無くなり白っぽくなっている状態で、特に痛みはありません。むし歯の初期段階ですが、歯に穴が空いていないので正しいケアをすれば元の健康な状態に戻ります。
C1:C0よりも、少し症状が進行しています。歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していないので痛みは特に無い状態です。
C2:むし歯が歯の象牙質まで進行しています。歯の痛みを感じる状態です。冷たいものや熱いもの、甘いものでしみる症状が出ることもあります。
C3:むし歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じる状態です。夜眠れないほどのずきずきした激しい痛みが出る場合もあります。
C4:むし歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていない状態です。あごの骨までむし歯が進行しているとひどく痛んだり腫れたりし、根っこの先に膿が溜まっている場合もあります。

虫歯の予防方法

虫歯を予防するには上記の4つの条件を把握した上で予防歯科を実践しなければなりません。
せっかく歯を治療しても正しいケアが出来ないとまた虫歯が再発してしまいます。まずは、自分にはどんなリスクがあるのか知り、私たちと一緒に自分にあった予防歯科をはじめましょう。

歯周病

かつて歯槽膿漏と呼ばれていた歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位で、成人の約8割が罹患しているともいわれています。プラーク(歯垢)の中に棲みつく歯周病菌を原因とする感染症です。進行すると「歯ぐきの腫れ」「出血」「強い口臭」「膿みが出る」といった症状が現れ、歯ぐきや歯を支える顎の骨が徐々に溶かされると、最終的には歯を失ってしまいます。歯周病を甘く見ず、早目に適切な治療・予防処置を行っていきましょう。
歯周病の原因
歯周病は種類の異なる細菌が出す毒素が歯茎から体内に侵入することで起こります。歯の汚れ、プラーク(歯垢)にはむし歯菌や歯周病菌が、1mg中になんと1億個以上いるといわれています。細菌は歯茎の炎症部分から進入して、体内の血管に乗って全身に巡っていきます。歯茎が炎症状態になると出血や膿が見られるようになりますし、体の抵抗力が低下した時などに腫れを繰り返すこともあります。また、ひどい痛みや腫れなどの自覚症状がない炎症でも、歯の周囲の骨が自らの細菌感染を防ごうとして、骨を溶かし歯がぐらつくようになります。

また、歯周病の原因には喫煙、糖尿病、ストレス、食生活、適合の悪い銀歯や被せものなどもあるため、日々の生活習慣の改善やクリニックでの定期的な検診が大切です。
■歯周病ができる順序
  1. 細菌が歯の周囲に付着する
  2. 細菌の出す毒素が歯茎から入り込む
  3. 歯茎から出血や膿が出る
  4. 歯の周囲の骨が溶ける
歯周病の進行
分類 P1 P2 P3 P4
状態
健康な歯肉:歯周組織(歯を支えている歯ぐきやその周りの骨)が全て健康な状態です。
P1 歯肉炎:歯ぐきの縁をはじめ歯の周りの組織に炎症が起きている状態です。歯肉が腫れ、歯を支える骨の吸収はまだみられません。
P2 軽度歯周炎:歯ぐきが腫れ出血しやすくなっている状態です。歯を支える骨にはあまり影響がないか、もしくは微量の骨吸収がみられます。
P3 中等度歯周炎:歯茎の炎症が広がり、ちょっとした刺激で出血したり膿が出たりしやすくなります。歯を支える骨がさらに溶けて無くなってゆきます。
P4 重度歯周炎:歯を支える骨がほとんどなくなり、歯がぐらつき、口臭もひどくなります。このまま放っておくと歯がぬける可能性もあります。
お口やお体の状態はひとりひとり異なりますのでのひとりひとりのお口の中の環境・原因因子を見つけることが大切です。むし歯や歯周病にならないために三ノ輪駅前歯科クリニックでは皆様に予防法を御提案、お手伝いさせていただきます。

プロフェッショナルクリーニング

プロフェッショナルクリーニングとは専門の歯科医師、歯科衛生士による歯のクリーニングのことをいいます。毎日の歯磨きで完全に取りきれない汚れは固くなり 歯石という固い汚れに変わります。またコーヒー紅茶のステイン、タバコのヤニなども一度つき始めると歯ブラシではなかなか落ちません。クリーニングでは専 用の器具(超音波など)を使用し本来の歯の色を取り戻します。
一人一人にあった間隔で継続して行っていくことで、口腔内環境を整え、虫歯・歯肉炎・歯周病の予防にとても高い効果が実感できます。また、最近では歯周病、心疾患、糖尿病、高血圧との関連性も注目されています。全身の健康はお口の中から守りましょう。