ホワイトニング

ホワイトニングとは歯の表面を削ったり溶かしたりすることなく、薬材(ホワイトニング材)によって歯を自然な白さにするお手軽な治療法です。歯の表面を削ったり溶かしたりせずにできることが最大のメリットです。ホワイトニング剤はPh(水素イオン指数)が中性に保たれおり、歯や歯肉に対して安心です。
ホワイトニングの効果は個人差が大きいため定期的なメンテナンスをお勧め致します。
ホームホワイトニング
ホームホワイトニングは歯科医師から患者様自身が指導を受け、ご自宅で行える治療法です。患者様の歯並びにあったマウスピースを作成し、それにホワイにトング剤を注入して装着するだけなので非常にお手軽です。毎日2時間以上装着すれば1週間程度で歯が白くなっていきます。お忙しい患者様でも寝ている間に装着可能です。
ホームホワイトニングの流れ
クリニックでお口の中全体の検査と、歯の色の診査を行い(必要に応じて写真撮影を行い記録します)、歯列にあったトレーを作成します。同時に担当の歯科医師より詳しい使い方をご説明致します。
以下はご自宅での手順となります。
1.トレーを使用前に洗います。シリンジの尖端キャップを外し、トレーにジェルを注入します。
2.トレーにジェルが適量付いたのを確認後、歯にセットします。はみ出たジェルは指か歯ブラシで取り除いて下さい。※1回最大2時間、12本/2週間を目安に ご使用ください。
3.終了後はトレーを外し、口を水で十分にすすいで下さい。トレーは、歯磨き粉はつけず歯ブラシを使って水洗いし、水分を拭き取ってからケースに保管します。
*ホワイトニンング中はホワイトニングの効果を高めるため色の強い食べ物や飲み物は避ける事をお勧めします。例)カレー、赤ワインなど
ウォーキングブリーチ
ウォーキングブリーチとは、神経の治療後に行うホワイトニングのことです。歯は神経がなくなると栄養分の供給が絶たれるため薄黒く変色することがまれにあります。また,歯を強くぶつけたり、先天的に歯が変色してる場合などにも有効です。
治療法は神経を取った後に、歯の中に歯を白くするホワイトニング剤を入れ、蓋をして、数週間待ち歯が白くなった段階で蓋を取り、中の薬剤を除去して最終的な蓋をします。
オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングは専門の歯科医師、歯科衛生士が薬剤と光を使用して歯を白くする方法です。ホームホワイトニングより多少しみることもありますが短時間で歯を白くすることができます。