小児歯科

子どものむし歯は、将来の生活に大きな影響を持っています。むし歯があると、食べものがあまりよくかめない為、体に与える影響はもちろん、あごの発育不全な どの原因になります。またひどいむし歯を放置すると、永久歯が生えてきたときに決められた場所に生えることができずに歯並びが悪くなったり、また、乳歯の 下にある永久歯にも悪い影響を与えます。
子どもの歯を守るためには保護者の方々の協力が欠かせません。そのため当クリニックでは治療前、治療後に保護者の方に丁寧な説明をさせて頂き、ご理解して頂いた上で治療をすすめてまいります。

初診の内容について

小児治療に際して
初めての場所、初めて会う人、初めて見る器具。子どもにとっては、そのほとんどが初めての経験で、歯医者は恐怖を感じています。当クリニックでは、まずはお子様に歯医者に慣れてもらうため、診療器具や診療チェアーのことをお子様にわかりやすく説明し徐々に慣れて頂きます。(危なくないように診療器具に触って遊ぶ事も可能です。)
また、初めての時は保護者の方も一緒にお入りいただき、次回以降は、保護者の方の御希望、お子さんの年齢や性格を考慮し、同室していただくかを決めています。

小児の予防治療

シーラント
ごく初期の虫歯なら歯を削らないで歯の溝の中だけをコーティングする方法(シーラント)が有効です。この方法は、一番虫歯になりやすい歯の溝の中を機械的に清掃し、とくに深い溝の中にプラスチックやフッ素配合の歯科用セメントを詰める簡単な治療法です。
この方法は虫歯になりやすい、生えて間もない永久歯(6才臼歯など)にも有効です。
フッ素
歯の表面のエナメル質にはハイドロキシアパタイトという成分が含まれており、その結晶の中の水酸イオンにかわってフッ素が入ると結晶が安定し、酸に溶けにくく強い歯になります。
フッ素には次のような効果があります
●歯の修復を進める 一度溶けてしまったエナメル質が再び結晶化するように、促進する働きがあります。ただし、C1程度より進んでしまった虫歯には効果はありません。
●歯垢(プラーク)をつくることを抑制します。

歯ブラシ指導

歯磨きは最も効果的な虫歯の予防方法です。当院ではお子様の歯磨きの欠点を見つけて、正しい歯磨きを一緒に練習しています。口腔状態に最適な口腔ケア用品もご用意しています。 小さなお子様の虫歯予防はお母さん方の役割でもあります。当クリニックでは、お子さんに最適な仕上げ磨きの方法、間食のとりかたなどもわかりやすく説明しております。 しかし頑張ってキレイに毎日磨いていても歯石はどうしても付いてきてしまいます。そのため歯石は定期的に落とすことが必要です。必ず定期的に歯科衛生士に歯石除去をしてもらいましょう。